ムーディー ブルース。 ムーディー・ブルース、ロックの殿堂に入る!

【元祖プログレ!】ムーディー・ブルース(The Moody Blues)のおすすめ名盤。プロブレ好きは必聴のアルバム

そのムーディーブルースの名盤が、この「every good boy deserves favour(童夢)」です。 最後の3枚目は、バート・アルカンタラの「Zygoat(ザイゴート組曲」です。

アバッキオのムーディー・ブルース

ジョン・ロッジの美しい曲です。

11

プログレの祖、ムーディーブルースの名盤「童夢」をひっそりと聴く(レコードジャケットの楽しみ #12)|吉田 守|note

この頃の作品のなかでは一番叙情的で幻想的な感じだと思う。

10

ロックの進化に貢献したムーディー・ブルースの絶頂期の作品のひとつ『童夢』

前作『DAYS OF FUTURE PASSED」』から一年も経たないうちに発表された本作は、メンバー自身で30種類(!)以上の楽器を操ることにより、ムーディーズ・サウンドとも言える壮大な音像を打ち出すことに成功したアルバムです。 幼い頃両親が離婚し、母から自分について来るよう誘導されるが、離婚のダメージから立ち直れない父の性質を見抜いて、父親の元に残った。 ナイス・トゥ・ビー・ヒア " Nice to Be Here" R. 67年から72年にかけてのアルバム7枚は、たしかにプログレの7教典といえるものである。

6

プログレの祖、ムーディーブルースの名盤「童夢」をひっそりと聴く(レコードジャケットの楽しみ #12)|吉田 守|note

新入りのとの初対面では酷い仕打ちをし、船上で敵スタンドの攻撃を受けたときも、生命の危険が迫っているにも関わらず、ジョルノに自らのスタンド能力を見せるのを躊躇していた。

15

楽天ブックス: デビュー!

押し寄せてくるメロトロンの音がたまらない。

12

ムーディー・ブルースがアルバム・バンドとして飛躍した『Days Of Future Passed』

You Don't Have To Camp Around• アメリカのでは2位に達し、1971年9月にはによってに認定された。 僕はこっちのオシャレ系ムーディー・ブルースも案外好きである。 のアルバム・バンドとしての旅は1968年1月27日から始まった。

9