魚沼 基幹 病院。 教育制度

初期臨床研修医募集[魚沼基幹病院の魅力]|魚沼基幹病院

ここが診療統合を推進する上での司令塔となっています。

13

整形外科

生越副院長 振り返ってみると、地域全体が「何でもかんでも基幹病院」というようなことが多かったですし、それを制御する場所もルールもありませんでした。 脊椎固定術後の隣接椎間障害に対するLLIFとPPS併用の有用性. 2018年度で基準に抵触したのは医師延べ9人、看護師や事務職員ら延べ169人。 当時を振り返っていかがでしょうか。

16

新潟大学地域医療教育センター・魚沼基幹病院

最新鋭の骨密度測定装置を導入し、正確な診断とそれぞれの患者さんにあった治療法を行っています。 開院1年目は「揃える」を目標にチームワーク作り、共通した看護の基準作りに努めました。

12

魚沼基幹病院

沿革 [ ]• 一般病床400床(救命救急センター14床含む)• 開院当初は教育体制も整っていませんでした。 重症度に合わせ、最終的には人工関節置換手術を含めた治療をすることが可能です。

魚沼基幹病院

変形性膝関節症患者機能尺度(JKOM)は膝関節初期変化の診断に有用である. 第237回新潟整形外科研究会(口演) (新潟, 2019年9月21日) 若杉正嗣、 平野徹、 白旗正幸、 目良恒、 植木将人、 藤田裕、 久保田解、 生越章. (関連記事:「」) 研修医宿舎のご案内 年間スケジュール プライベートも充実! 魚沼基幹病院は、スタッフ同士のコミュニケーションがとても良いため、国内でも指折りの研修環境を誇っています。

7

元知事時代の誤った計画⁉ 県央基幹病院はまさに火薬庫!

内科・整形外科・リハビリ科• 先生は担当制ではなく、毎回変わります。 PDCAサイクルによる改善活動に基づいた診療統合を軸に、「地域全体でひとつの病院」の理念を実現しつつある病院長の内山聖氏(写真中央下、左が副病院長の生越章氏、右が事務部長の橋口猛志氏。

15

魚沼基幹病院

また、各部署には技術面・精神面をサポートするタスクトレーナー、サポーターを配備。 第62回日本手外科学会学術集会(ポスター) (札幌, 2019年4月18-19日) 平野徹、渡邊慶、庄司寛和、溝内龍樹、田仕英希、遠藤直人. この「地域全体でひとつの病院」の要となるのが、地域全体の急性期機能を集約させ、2015年6月に開院した(454床:一般400、精神50、感染症4)です。

2