ミラン 対 サッスオーロ。 ミランが“天敵”サッスオーロを乱打戦の末に下す! 本田はまたも出番なし(SOCCER DIGEST Web)

ミランが“天敵”サッスオーロを乱打戦の末に下す! 本田はまたも出番なし(SOCCER DIGEST Web)

オフサイドを主張するサッスオーロ守備陣が一瞬止まる中、パスを出したテオ・エルナンデスが自らこのボールに追いついてラストパスを送り、サレマーカーズが押し込んだ。 () 2018- 歴代所属選手 [ ]. 76秒のセリエA史上最速ゴールで先制した。 そして最後は、シュートを打たれている。

2

セリエA史上最速弾で先制のミラン、3試合ぶり白星で首位を維持(フットボールチャンネル)

まず、両センターバックには強くプレスをかけず、ある程度ボールを保持させる。 一方のサッスオーロは、「ミラン・キラー」として知られるベラルディをはじめ、ミッシローリ、ダンカン、ガッツォーラという主力4人を怪我で欠く苦しい布陣となった。

ACミランの驚異的「6.7秒」。なぜ曲者を撃破できたのか。ピオーリ監督が用意した策とは?【分析コラム】

2007年8月にが監督に就任。 恐らくはB・ディアスなのだが、このあたりも微妙だった。 ミランの速攻になりかけた時に前半終了を告げるホイッスルが鳴り響く。

ミランが“天敵”サッスオーロを乱打戦の末に下す! 本田はまたも出番なし(SOCCER DIGEST Web)

そして背番号17は、GKアンドレア・コンシーリとの1対1を冷静に制してゴールネットを揺らした。 このように、ホームチームはゴール前に侵入するどころか敵陣に入ることも難しくなっていたのである。 この日全体トップタイのドリブル成功数を記録するなど、マークを剥がして相手に「ズレ」を生ませることができるボガの存在は、ミランにとってかなり厄介だったと言えるはずだ。

イブラを欠くミラン、21歳新星獲得へサッスオーロと交渉継続。移籍金は32億円も…

攻撃陣をテコ入れした。

セリエA史上最速弾で先制のミラン、3試合ぶり白星で首位を維持(フットボールチャンネル)【サッスオーロ 1

また、ミランのフレデリック・マッサーラSD(スポーツディレクター)は昨夏にサッスオーロ幹部へスカマッカ獲得へ向けてコンタクトをとっているが、現在でも交渉は進行している模様。 そんなラツィオ戦だが、引き続きイブラヒモビッチは欠場で、ケアーやベナセルも不在となる可能性が高い。

16

ピルロ監督、前節ミランに勝利も気を引き締める「サッスオーロに勝てなければ意味がない」

それを実行できれば、4月に順位表のふさわしい位置にいることができるだろう」 果たしてはホームでを下し、リーグ戦3連勝を飾ることができるのだろうか。

7