考え て ください 敬語。 「お考え」の使い方と例文・敬語の種類・お考えの別の敬語表現

考えてくださいの敬語とは?考えろの敬語は存在しない‼例文とNG例

ご連絡ください。 「見てください」を敬語にすると? 「見てください」という言い方は丁寧な表現に思えますが、「見て(見る)」という言葉は敬語ではありません。

「考える」の尊敬語は「お考えになる」

命令形である点において「考えてください」とたいして違いはありませんが、丁寧語「ませ」を添えることで、よりやわらかい印象となりますね。

15

「お聞かせください」の意味と使い方・敬語での注意点

つまり「~していただく」はひらがなで書くのが正解なのです。 しかし間違いは間違い! 特に気をつけてほしい3つを挙げましょう。 ・先日メールにてご連絡させていただきました件について、どのようにお考えでしょうか• 使い方は「教示」と同じく、「ご教授ください」「ご教授願います」といった形で用います。

19

「考える」の尊敬語は「お考えになる」

「ご検討ください」の例文• 「ご考慮いただけますでしょうか」の例文• 恐れ入る=申し訳なく思う 「お忙しいところ恐れ入りますがご一考〜」 「お忙しいところ大変恐れ入りますがご一考〜」 「たびたび恐れ入りますがご一考〜」• そうではあっても「考えてください」は敬語の1つになります。 」「(山田さんに)御説明をしたい。

14

第四話「間違いやすい敬語(1)~尊敬語 VS 謙譲語I」理解度チェックの解答|文化庁

「見る」の尊敬語は「ご覧になる」ですので、「見てください」は「ご覧ください」が適切です。 よく考えてみれば、「考えろ」なんて、敬語を使うべき方に言う言葉ではないですよね。

14

「してください」は正しい敬語?「下さい」との違いや例文を解説

例文「ご一考いただけますようお願い申し上げます」• 実際の場面で尊敬語や謙譲語Iを使って人物を「立てて」述べようとする場合に留意すべき主な点は,次のとおりです。

18