うきたる世 品詞分解。 枕草子 現代語訳 原文 品詞分解

紫式部日記若宮誕生品詞分解

ん(む)=意志の助動詞「む」の終止形が音便化したもの、接続は未然形 とり=ラ行四段の動詞「とる(採る)」の連用形、選ぶ、採用する 契り(ちぎり)=ラ行四段の動詞「契る」の連用形、約束する て=完了の助動詞「つ」の連用形、接続は連用形 けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形 (その)長者は喜んで、「(その男を)婿にとろう」と言って、日(吉日)を選んで約束してしまった。

7

うきたる世 高校生 古文のノート

枕草子 原文 春はあけぼの。

18

割り持ちたる鏡・唐物語 現代語訳・品詞分解・読み方

才能は煩悩の増長せるなり。 なほ=副詞、やはり。 「す・さす・しむ」は直後に尊敬語が来ていないときは「使役」だが、尊敬語が来ているときは文脈判断。

6

紫式部日記 品詞分解

ぞ=強調の係助詞、結びは連体形となる。 おこなひ、動作、しわざ、仕事。

12

「紫式部日記:うきたる世」の現代語訳(口語訳)

作者からの敬意。

12

紫式部日記 うきたる世 part1 高校生 古文のノート

係り結び。 知恵袋で解消 家庭教師のみみずくが作成したプリント(以下「プリント」)を公開します。 文末に来ているので「㋜推量・㋑意志・㋕勧誘」のどれかである。

7

古今著聞集能は歌詠み 品詞分解

「ゆ」には受身・自発・可能の意味が含まれており、ここでは「自発」の意味で使われている。 智恵と心とこそ、世にすぐれたるほまれも残さまほしきを、 つらつら思へば、ほまれを愛するは、人の聞きを喜ぶなり。

18