伊藤 詩織 判決。 伊藤詩織さん、虚偽告訴などの疑いで9月末に書類送検 元TBS記者が投稿

【判決詳報】伊藤詩織さん勝訴、「合意ないまま性行為」と判断された理由…元TBS記者の証言に疑念(弁護士ドットコム)

一方、山口氏は「伊藤さんに名誉を棄損され、社会的信頼を失った」などとして1億3000万円の損害賠償や謝罪広告を求めて反訴していたが、棄却された。

6

【伊藤詩織さん「性暴力裁判」で勝訴】江川紹子が見た判決・会見…今後求められるものとは

判決は10:30の予定です。

18

伊藤詩織さん勝訴、なぜ民事と刑事で判断が分かれたのか。性犯罪事件に示した2つの道筋

所轄に本庁刑事部長が「逮捕中止」命令 今回の裁判での審理や訴状などで明らかになっている事件の経緯は、以下の通りだ。

伊藤詩織さんと元TBS記者の民事訴訟、「合意ない性行為」認め山口敬之さんに330万円の支払命令 東京地裁

しかし、山口さんは法廷で、「伊藤さんに呼ばれたために山口さんが窓側のベッドから伊藤さんの寝ている入口側のベッドに移動した」と証言していることから、判決は「性行為の直接の原因となった直近の伊藤さんの言動という核心部分について不合理に変遷している」、「信用性には重大な疑念がある」と評価した。 聞いてみると、不思議なことに彼は、高輪署の捜査員としか話をしていないことがわかった。 でも、カメラマンさんに『君のことを撮るわけじゃない。

15

伊藤詩織さん勝訴、なぜ民事と刑事で判断が分かれたのか。性犯罪事件に示した2つの道筋

これについても判決では、「同意のない性交渉をされた者が、その事実をにわかに受け入れられず、それ以前の日常生活と変わらない振る舞いをすることは十分にあり得る」「メールも、被告と性交渉を行ったという事実を受け入れられず、従前の就職活動に係るやり取りの延長として送られたものとみて不自然ではない」とバッサリ切っているのだ。 自由な意思に基づく交際関係があっても、その時は性行為をしたくないと考える可能性はあるが、そのような特殊な事情は認められなかったのであろう。

20

伊藤詩織氏が勝訴 「合意のないまま性行為」認める:朝日新聞デジタル

これまで私が最も疑問に感じていたのは、両者の性行為があった4月3日以降の伊藤詩織氏の行動である。 つまり、刑事が有罪だったが、民事で無罪(敗訴)。

「うそつき」をめぐる奇天烈な話:日経ビジネス電子版

しかし、判決では、詩織さんがあらかじめ原宿在住であることを告げていたとしたうえで、「帰宅のため原告をタクシーに同乗させた山口記者が、詩織さんの帰宅先を尋ねていないのは不自然」と指摘している。

13

私は「伊藤詩織事件の民事」での判決は理解が出来ません。

性被害の告発は、報道直後に二次被害が発生することが多々あり、告発をされた当事者に社会的名声がある場合、その業績を強調して匿名で名乗り出た被害者の信ぴょう性を疑問視したり、被害者を傷つけることがあります。 一方、 山口氏は2019年2月、 記者会見などで伊藤さんに 名誉を毀損され、 社会的信用を失ったとして、 慰謝料 1億3000万円や、 謝罪広告の掲載を求めて反訴した。

18

伊藤詩織事件が政治関与と言われる理由なぜ?詳細と判決までの経緯!

判決は、「伊藤さんは、自ら体験したことやその後の経緯を明らかにし、広く社会で議論することが、性犯罪の被害者を取り巻く法的または社会的状況の改善につながるとして公表した」と認め、「もっぱら公益を図る目的で表現されたもの」と判断。 民事と刑事でなぜこれほどまでに、結果が分かれるのか。 「就活セクハラ」とTBSの責任 判決が認定した事実によれば、本件は、テレビ局で仕事をしたいと就職活動中の若い女性が、大手メディアのワシントン支局長の男性と会食後、酩酊状態に陥ったところを、タクシーに乗せられ、男性側が宿泊していたホテルの部屋に連れ込まれて、性的関係を強いられたものだ。

1