計量 法。 計量法について

計量法における商品量目制度の概要(METI/経済産業省)

別表 [ ] 納付しなければならない者 金額 一 製造の事業の許可を受けようとする者 一件につき 一〇、〇〇〇円 二 製造の事業の再許可を受けようとする者 一件につき 五、〇〇〇円 三 修理の事業の許可を受けようとする者 一件につき 五、〇〇〇円 四 修理の事業の再許可を受けようとする者 一件につき 二、五〇〇円 五 販売等の事業の登録を受けようとする者 一件につき 一、五〇〇円 六 販売等の事業の再登録を受けようとする者 一件につき 七五〇円 七 第百二十三条の登録を受けようとする者 一件につき 一、〇〇〇円 八 計量士の登録を受けようとする者 一件につき 一、〇〇〇円 九 製造若しくは修理の事業の許可証、販売等の事業の登録証、第百二十七条の登録証又は計量士登録証の訂正を受けようとする者 一件につき 一〇〇円 十 製造若しくは修理の事業の許可証、販売等の事業の登録証、第百二十七条の登録証又は計量士登録証の再交付を受けようとする者 一件につき 三〇〇円 十一 計量士国家試験を受けようとする者 五〇〇円 十二 計量器使用事業場の指定を受けようとする者 一件につき 一、〇〇〇円 十三 検定を受けようとする者 1 長さ計 イ 金属製の長さ計 一箇につき 一〇〇円 ロ その他の長さ計 一箇につき 二〇円 2 はかり イ 天びん 一箇につき 一、〇〇〇円 ロ 棒はかり 一箇につき 一〇〇円 ハ 複かんはかり ひよう量が一〇トン以上のもの 一箇につき 二〇〇、〇〇〇円 ひよう量が二トン以上一〇トン未満のもの 一箇につき 三〇、〇〇〇円 その他のもの 一箇につき 五、〇〇〇円 ニ 指示はかり ひよう量が二〇キログラム未満のもの 一箇につき 三〇円 ひよう量が二〇キログラム以上二トン未満のもの 一箇につき 五、〇〇〇円 ひよう量が二トン以上一〇トン未満のもの 一箇につき 三〇、〇〇〇円 ひよう量が一〇トン以上のもの 一箇につき 二〇〇、〇〇〇円 ホ 自動はかり 一箇につき 五〇、〇〇〇円 ヘ その他のはかり 一箇につき 二〇、〇〇〇円 ト 分銅及びおもり 一箇につき 一〇〇円 3 時間計 一箇につき 一五〇円 4 温度計 イ ガラス製指示目盛温度計 一箇につき 三〇〇円 ロ その他の温度計 一箇につき 一、〇〇〇円 5 面積計 一箇につき 五〇〇円 6 体積計 イ ます、化学用体積計、ガスビユレツト及び肺活量計 一箇につき 一〇〇円 ロ その他の体積計 一箇につき 五〇、〇〇〇円 7 速さ計 イ ピトー管式速さ計及びプロペラ式回転型速さ計 一箇につき 一、〇〇〇円 ロ その他の速さ計 一箇につき 二〇〇円 8 力計 一箇につき 五〇、〇〇〇円 9 圧力計 イ 自記圧力計及び分銅式標準圧力計 一箇につき 五〇〇円 ロ その他の圧力計 一箇につき 一五〇円 10 仕事計 一箇につき 一〇、〇〇〇円 11 工事計 一箇につき 一〇、〇〇〇円 12 熱量計 一箇につき 五、〇〇〇円 13 角度計 イ 経緯儀及び測斜儀 一箇につき 五、〇〇〇円 ロ その他の角度計 一箇につき 五〇〇円 14 流量計 一箇につき 五、〇〇〇円 15 粘度計 一箇につき 五〇〇円 16 密度計 一箇につき 一、〇〇〇円 17 濃度計 一箇につき 一〇〇円 18 光度計、光束計及び照度計 一箇につき 一、〇〇〇円 19 周波数計及び騒音計 一箇につき 二、〇〇〇円 20 繊度計 一箇につき 一〇〇円 21 かたさ試験機及び衝撃値試験機 一箇につき 五、〇〇〇円 22 引張強さ試験機及び圧縮強さ試験機 一箇につき 一〇、〇〇〇円 23 粒度計 一箇につき 五〇〇円 24 屈折度計 一箇につき 五、〇〇〇円 25 湿度計 イ 乾湿球湿度計及び変形湿度計 一箇につき 二〇〇円 ロ その他の湿度計 一箇につき 一、〇〇〇円 26 比重計 一箇につき 一〇〇円 27 耐火度計 一箇につき 五〇〇円 十四 部品検査を受けようとする者 1 水銀温度計のガラス管 一箇につき 一、五〇〇円 2 ばね式自動はかりの制温装置 一箇につき 三、〇〇〇円 3 かたさ試験機のダイヤモンドコーン 一箇につき 五〇〇円 十五 原型検査を受けようとする者 1 長さ計の原型 一箇につき 五、〇〇〇円 2 体積計の原型 一箇につき 五〇〇円 3 その他の計量器の原型 一箇につき 一〇、〇〇〇円 十六 比較検査を受けようとする者 1 長さ計 イ 金属製の長さ計 一箇につき 一〇、〇〇〇円 ロ その他の長さ計 一箇につき 五、〇〇〇円 2 はかり イ 天びん 一箇につき 三、〇〇〇円 ロ 棒はかり 一箇につき 三〇〇円 ハ 複かんはかり ひよう量が一〇トン以上のもの 一箇につき 三〇〇、〇〇〇円 ひよう量が二トン以上一〇トン未満のもの 一箇につき 四五、〇〇〇円 その他のもの 一箇につき 七、五〇〇円 ニ 指示はかり ひよう量が二〇キログラム未満のもの 一箇につき 五〇円 ひよう量が二〇キログラム以上二トン未満のもの 一箇につき 七、五〇〇円 ひよう量が二トン以上一〇トン未満のもの 一箇につき 四五、〇〇〇円 ひよう量が一〇トン以上のもの 一箇につき 二五〇、〇〇〇円 ホ 自動はかり 一箇につき 七五、〇〇〇円 ヘ その他のはかり 一箇につき 三〇、〇〇〇円 ト 分銅及びおもり 一箇につき 五〇〇円 3 時間計 一箇につき 一、〇〇〇円 4 温度計 イ ガラス製指示目盛温度計 一箇につき 三、〇〇〇円 ロ その他の温度計 一箇につき 五、〇〇〇円 5 面積計 一箇につき 一、五〇〇円 6 体積計 イ ます、化学用体積計、ガスビユレツト及び肺活量計 一箇につき 一、五〇〇円 ロ その他の体積計 一箇につき 六〇、〇〇〇円 7 速さ計 イ ピトー管式速さ計及びプロペラ式回転型速さ計 一箇につき 三、〇〇〇円 ロ その他の速さ計 一箇につき 六〇〇円 8 力計 一箇につき 六〇、〇〇〇円 9 圧力計 イ 自記圧力計及び分銅式標準圧力計 一箇につき 三、〇〇〇円 ロ その他の圧力計 一箇につき 五〇〇円 10 仕事計 一箇につき 三〇、〇〇〇円 11 工率計 一箇につき 三〇、〇〇〇円 12 熱量計 一箇につき 一五、〇〇〇円 13 角度計 イ 経緯儀及び測斜儀 一箇につき 一五、〇〇〇円 ロ その他の角度計 一箇につき 一、五〇〇円 14 流量計 一箇につき 一五、〇〇〇円 15 粘度計 一箇につき 一、五〇〇円 16 密度計 一箇につき 一、五〇〇円 17 濃度計 一箇につき 一、〇〇〇円 18 光度計、光束計及び照度計 一箇につき 五、〇〇〇円 19 周波数計及び騒音計 一箇につき 六、〇〇〇円 20 繊度計 一箇につき 三〇〇円 21 かたさ試験機及び衝撃値試験機 一箇につき 一五、〇〇〇円 22 引張強さ試験機及び圧縮強さ試験機 一箇につき 三〇、〇〇〇円 23 粒度計 一箇につき 一、五〇〇円 24 屈折度計 一箇につき 一五、〇〇〇円 25 湿度計 イ 乾湿球湿度計及び変形湿度計 一箇につき 三〇〇円 ロ その他の湿度計 一箇につき 三、〇〇〇円 26 比重計 一箇につき 一、五〇〇円 27 耐火度計 一箇につき 一、五〇〇円 十七 基準器検査を受けようとする者 1 長さ基準器 一箇につき 一〇、〇〇〇円 2 質量基準器 一箇につき 一〇、〇〇〇円 3 時間基準器 一箇につき 一、〇〇〇円 4 温度基準器 一箇につき 五、〇〇〇円 5 面積基準器 一箇につき 三、〇〇〇円 6 体積基準器 一箇につき 三〇、〇〇〇円 7 速さ基準器 一箇につき 三、〇〇〇円 8 力基準器 一箇につき 六〇、〇〇〇円 9 圧力基準器 一箇につき 一、五〇〇円 10 仕事基準器 一箇につき 三〇、〇〇〇円 11 工率基準器 一箇につき 三〇、〇〇〇円 12 熱量基準器 一箇につき 一五、〇〇〇円 13 角度基準器 一箇につき 一五、〇〇〇円 14 流量基準器 一箇につき 一五、〇〇〇円 15 粘度基準器 一箇につき 一、五〇〇円 16 密度基準器 一箇につき 一、五〇〇円 17 濃度基準器 一箇につき 一、五〇〇円 18 光度基準器、光束基準器及び照度基準器 一箇につき 五、〇〇〇円 19 周波数基準器及び騒音基準器 一箇につき 六、〇〇〇円 20 繊度基準器 一箇につき 一、〇〇〇円 21 かたさ基準器及び衝撃値基準器 一箇につき 一五、〇〇〇円 22 引張強さ基準器及び圧縮強さ基準器 一箇につき 三〇、〇〇〇円 23 粒度基準器 一箇につき 三、〇〇〇円 24 屈折度基準器 一箇につき 一五、〇〇〇円 25 湿度基準器 一箇につき 三、〇〇〇円 26 比重基準器 一箇につき 一、五〇〇円 27 耐火度基準器 一箇につき 一、五〇〇円 十八 容量検査を受けようとする者 1 容量が二立方デシメートル未満の容器 一箇につき 二〇円 2 容量が二立方デシメートル以上の容器 一箇につき 二〇〇円 十九 第百三十二条又は第百四十九条の検査を受けようとする者 1 長さ計 イ 金属製の長さ計 一箇につき 五〇円 ロ その他の長さ計 一箇につき 一〇円 2 はかり イ 天びん 一箇につき 五〇〇円 ロ 棒はかり 一箇につき 五〇円 ハ 複かんはかり ひよう量が一〇トン以上のもの 一箇につき 一五〇、〇〇〇円 ひよう量が二トン以上一〇トン未満のもの 一箇につき 一五、〇〇〇円 その他のもの 一箇につき 二、五〇〇円 ニ 指示はかり ひよう量が二〇キロ未満のもの 一箇につき 一五円 ひよう量が二〇キログラム以上二トン未満のもの 一箇につき 二、五〇〇円 ひよう量が二トン以上一〇トン未満のもの 一箇につき 一五、〇〇〇円 ひよう量が一〇トン以上のもの 一箇につき 一五〇、〇〇〇円 ホ 自動はかり 一箇につき 二五、〇〇〇円 ヘ その他のはかり 一箇につき 一〇、〇〇〇円 ト 分銅及びおもり 一箇につき 五〇円 3 時間計 一箇につき 八〇円 4 温度計 イ ガラス製指示目盛温度計 一箇につき 一五〇円 ロ その他の温度計 一箇につき 五〇〇円 5 面積計 一箇につき 二五〇円 6 体積計 イ ます、化学用体積計、ガスビユレツト及び肺活量計 一箇につき 五〇円 ロ その他の体積計 一箇につき 二五、〇〇〇円 7 速さ計 イ ピトー管式速さ計及びプロペラ式回転型速さ計 一箇につき 五〇〇円 ロ その他の速さ計 一箇につき 一〇〇円 8 力計 一箇につき 二五、〇〇〇円 9 圧力計 イ 自記圧力計及び分銅式標準圧力計 一箇につき 二五〇円 ロ その他の圧力計 一箇につき 八〇円 10 仕事計 一箇につき 五、〇〇〇円 11 工率計 一箇につき 五、〇〇〇円 12 熱量計 一箇につき 二、五〇〇円 13 角度計 イ 経緯儀及び測斜儀 一箇につき 二、五〇〇円 ロ その他の角度計 一箇につき 二五〇円 14 流量計 一箇につき 二、五〇〇円 15 粘度計 一箇につき 二五〇円 16 密度計 一箇につき 五〇〇円 17 濃度計 一箇につき 五〇円 18 光度計、光束計及び照度計 一箇につき 五〇〇円 19 周波数計及び騒音計 一箇につき 一、〇〇〇円 20 繊度計 一箇につき 五〇円 21 かたさ試験機及び衝撃値試験機 一箇につき 二、五〇〇円 22 引張強さ試験機及び圧縮強さ試験機 一箇につき 五、〇〇〇円 23 粒度計 一箇につき 二五〇円 24 屈折度計 一箇につき 二、五〇〇円 25 湿度計 イ 乾湿球湿度計及び変型湿度計 一箇につき 一〇円 ロ その他の湿度計 一箇につき 五〇〇円 26 比重計 一箇につき 五〇円 27 耐火度計 一箇につき 二五〇円 (内閣総理・通商産業・電気通信大臣署名) この著作物は、日本国の第11条により著作権の目的とならないため、 の状態にあります。

12

計量法|条文|法令リード

法律番号:平成4年法律第51号• 第8章 計量器の校正等• 取扱説明書• ダインは、ニユートンの一〇〇、〇〇〇分の一をいう。

14

計量法における商品量目制度の概要(METI/経済産業省)

72量以外の量を計量する場合にはこの規制は働かない。 つまり、「計量の結果が契約の要件となる計量」である。

Q&A(よくある質問と回答)(METI/経済産業省)

改正:• 法令の「分類」のリンクは、同じ分類に属する法令を再検索します。

14

計量制度見直し(METI/経済産業省)

それぞれの法令の詳細情報にリンクしています。 二十六 第五条第十八号のサイクル毎秒又はサイクルの補助計量単位は、キロサイクル毎秒又はキロサイクル、メガサイクル毎秒又はメガサイクル、回毎分及び回毎時とする。 四 温度の計量単位は、度とする。

16

食品表示の「内容量表示」とは。計量法の規定とよくある例を解説

第1節 正確な計量(第10条)• 量目公差とは 法律で定められた内容量の誤差 で、 この誤差を超えた量を不足すると行政指導の対象となります。 気圧は、一三、五九五・一〇キログラム毎立方メートルの密度を有する〇・七六メートルの高さの液柱が、加速度の大きさが九・八〇六六五メートル毎秒毎秒の重力の下においてその液柱の底面に及ぼす圧力をいう。

15

食品表示の「内容量表示」とは。計量法の規定とよくある例を解説

改正:• 友人間等での一回的な物品のやりとりの際に行う計量(業務上とは認めがたいもの) 取引又は証明に用いられない計量単位については、計量法の規制の対象とならないが、計量法の目的に照らせば非法定計量単位の使用が普及することは望ましくなく、法定計量単位を使用することが望ましい。

17

計量制度見直し(METI/経済産業省)

一定の事実 一定のものが一定の物象の状態の量を有すること。

19