キューバ 危機 と は。 外務省: わかる!国際情勢 Vol.45 キューバの選択~カストロと社会主義

キューバ危機ってなに?核戦争の脅威とは?

東ドイツの客船も何もなく通過させた。

11

キューバ危機(1962)はなぜ回避できたのか?

6つの選択肢 [ ] 国防長官と話すケネディ(6月) ここでメンバーがこれから行動に移す可能なコースとして、• このドブルイニン大使との席でロバートは、この返書は大統領個人のものであり、軍部からの強硬な意見を無視した決断であること、米軍機の撃墜と操縦士の死亡は軍部を強く刺激してもはや平和的な解決を図るには時間が無くなったことを強調した。 実際にその場にいた者にしかわからない緊迫感が文章から伝わってきます。

1960年代のアメリカ ケネディ大統領とキューバ危機

冷戦が終わったとき、人々が抱いた「これで世界が平和になるかもしれない」という期待は今やあっさり裏切られた。

キューバ危機

使われてしまえば自分たちが壊滅するか、生き残っても核兵器で反撃し、さらにその反撃も核兵器という核の応酬で、とても生きてはいけなくなります。 さらに9月にアメリカ政府は、国内にあるすべてのキューバ資産を差し押さえるとともに、キューバに経済および軍事援助を行った国に対する制裁を規定する法案を可決した。

15

キューバ危機

このようなことから互いに牽制しあいながら核兵器の数だけが増えていきました。

20

「キューバ危機」とは。「戦えば多くの国民が犠牲になる」この一念が、核戦争を防いだ

両国が最も多くの核兵器を保有していたのは1980年代中期で、この時アメリカには2万3千発、ソ連には4万発以上もの核兵器が保管されていたと言われています。 この10月16日から13日間が歴史に深く刻まれ核戦争の寸前までいったキューバ危機の期間である。

6

1960年代のアメリカ ケネディ大統領とキューバ危機

さらに、アメリカ企業を接収して国有化したことからアメリカと激しく対立しました。 しかし、ケネディはアメリカが核先制攻撃のための目標を調べているのではないかとフルシチョフに受け取られることを懸念した。 ただ、我ながら「我見の誘惑」に弱いので、ともすれば独りよがりな「予断」「誤認」に陥る危険性も多々ありそうです。