ネ クライ トーキー もっ さ。 25を越えたら、死ぬしかない

KANA

2020年4月現在でその再生回数は 500万回を突破しています。 マガジン3月号も好評配布中。 。

ネクライトーキー/MEMORIES

「カリスマ」とか「伝説」とかそういう安っぽい言葉に収まる程度の何かでもなかった。 2020年1月29日にソニーミュージックからアルバム 『ZOO! 止めていいかな? 2番では大いなる反骨精神を、相変わらずかわいらしい曲調で歌い上げる。 (きっと語りたいんだろうな…) 知らないなあ。

8

KANA

実際コンポラ時代はどちらかと言えばツイていない側であった。

13

ネクライトーキー/MEMORIES

ネクライトーキーの代表作のひとつ。

ネ クライ トーキー ライブ

追い風は留まるところを知らず、2018年12月にリリースした初の全国流通盤 『ONE! さらに、素でワイドなサウンド・プロダクションがモダン・アメリカン・ロック的な「シャッターゲート」、これまでのKANA-BOONの代表的なメロディやビートのスタイルをアップデートさせた印象の「ユーエスタス」と、各々まったく違うベクトルの3曲を収録しているのも久しぶり。 それから5年後、もっさのことを思いだした朝日がTwitterで彼女の近況を調べてみたところ、その日に 朝日が出演するライヴに来場する予定であることが判明。 鬱屈した自分、そしてその自分を力強く肯定するという、ロックの普遍的なテーマがここにはある。

7

暇なのでネクライトーキーの好きな歌詞を部門別に発表します

(石角 友香) 前作『TIME』のエンディング曲「パレード」で夢見た場所に足を踏み入れた歓喜を歌ったバンドの痛みを伴う成長の物語がここにある。

13

KANA

インディーズ時代の名曲ラヴ・ソングとは違った今の年齢なりの苦みや現実も見え隠れするのも自然でいい。